格安SIMの疑問いろいろ

格安SIM(格安スマホ)って何?大手キャリアとの違い、SIMロックなどの用語について

格安SIm
当サイトは、記事内にアフィリエイト広告を掲載しています

格安SIM(格安スマホ)とは

「格安SIM(格安スマホ)」とは、通信料金が安いスマホのことです。

詳しく教えて!

大手キャリアと格安の携帯電話会社(MVNO)の違い

携帯電話の大手3社と言えば、ドコモ・au・ソフトバンクです。キャリアと呼ばれるこれらの会社は、独自の通信基地局・回線を所有しています。

これに対して、独自の通信回線を持たない携帯電話会社(※MVNOと呼ばれます)は、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しています。

これらの会社(MVNO)では、通信基地局などへの設備投資が必要ありません。また、店舗を減らしてオンラインで販売することで、格安の通信料金を実現しています。

格安SIMと格安スマホ

スマホは、本体だけでは電話機として使うことは出来ません。契約者情報や電話番号が記録されたSIMカードを本体に挿入することで、電話機として使うことが出来るようになります。

※電話機として使うことは出来ませんが、Wi-Fiに繋がる環境であればSIMカードがなくてもインターネットに接続することが出来ます。

SIMカード

格安の携帯電話会社(MVNO)では、通信料金が安いSIMカード(格安SIM)と一緒に、本体価格の安いスマホ機種を販売しています。

通信料金の安いSIMカードのことを「格安SIM」、本体価格の安いスマホ機種のことを「格安スマホ」と言います。

しかしこの区別は曖昧になってきており、「格安SIM」を挿したスマホのことを、本体価格が高くても「格安スマホ」と呼ぶことがあります。

SIMロックとSIMフリー

スマホ本体とSIMカードは本来、別々に購入しても問題ありません。

ところが大手キャリアで購入したスマホには、スマホを購入した会社以外のSIMカードを使えなくする「SIMロック」という機能が付けられています。

携帯会社を乗り換えるには、スマホ本体も買い換えなくちゃいけなかったんだね

これに対して、どんな会社のSIMカードでも使えるスマホが「SIMフリー」スマホです。

2015年からSIMロック解除が義務化

SIMロックは、ユーザーが携帯電話会社を乗り換えづらくなり、大手の顧客囲い込みに繋がるため問題視されてきました。

そして2015年に、総務省によってSIMロック解除が義務化されました。

これにより2015年以降に発売されたスマホは、ユーザーが希望すればSIMロックを解除することが出来るようになりました。

※店舗でSIMロック解除を依頼すると、手数料(3,000円程度)が掛かります。Webサイト上で解除すると手数料は掛かりません。

今後は「スマホ端末には初めからSIMロックをかけない」という方向に向けて議論が進められています。

2021年10月からSIMロックが原則禁止に

SIMロック解除の義務化を経て、2021年10月からSIMロックが原則禁止されることになりました。

SIMロックが禁止されると、スマホ端末はそのままで他社通信事業者への乗り換えが出来るよになります。しかし実際には周波数の問題があり、それほど自由には乗り換え出来ないようです。

鍵
2021年10月からSIMロック原則禁止!ユーザーの利便性はどう変わる?2021年10月からスマホのSIMロックが原則禁止されます。ユーザーの利便性はどう変わるのでしょうか。...

スマホ料金は、値下げの方向へ

2020年9月に誕生した菅内閣は、携帯料金の値下げを大手キャリアに求めました。これを受けて、大手キャリアのドコモは「ahamo(アハモ)」という新サービスを開始しました。

「ahamo(アハモ)」は、月額2,970円(税込)でデータ容量20G、5分間通話無料の通信プランです。店舗での販売はせず、オンライン販売のみにすることで格安の値段を実現しています(※有料で店舗でのサポートも有り)。

同様の値下げサービスを、大手キャリアのソフトバンク(「LINEMO」)、auを運営するKDDI(「povo」、「UQモバイル」)も提供開始しています。

「安かろう、悪かろう」ではない!格安SIM(格安スマホ)

「格安」という言葉を聞くと「安かろう、悪かろうでしょ?」という連想をしてしまいがちですが、そうではありません。

格安SIM(格安スマホ)は、オンライン販売による経費削減、大手キャリアの独占防止によって提供されるようになった正当な価格です。

「スマホの通信料金が高すぎる!」と感じている人は、ぜひ安心して格安SIM(格安スマホ)への乗り換えを検討してみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA