最新スマホニュース

2021年10月からSIMロック原則禁止!ユーザーの利便性はどう変わる?

鍵
当サイトは、記事内にアフィリエイト広告を掲載しています

2021年10月1日から、スマホのSIMロックが原則禁止されます。

SIMロックとは、他社のSIMカードを使えないように、スマホ端末に掛けられた制限のことです。

SIMロックがなくなると、スマホ端末を新たに購入しなくても、通信契約だけを容易に他社に乗り換えることが出来るようになります。

SIMロックとは

スマホは、スマホ端末にSIMカード(通信の契約情報などを記録したカード)を挿すことで通信が出来るようになります。

本来、スマホ端末とSIMカードは別々に購入しても問題ないのですが、大手キャリアは自社で販売するスマホ端末にSIMロックという制限をかけていました。SIMロックが掛けられた端末では、他社のSIMカードを使うことが出来ません。

このSIMロックにより、キャリアを乗り換えるには端末も一緒に購入する必要があり、ユーザーの囲い込みに繋がっているのではと長く懸念されてきました。

2015年にSIMロックの解除を義務化

2015年、総務省はSIMロックの解除を義務化しました。

これにより、2015年以降に販売されたスマホ端末は、ユーザーが希望すればSIMロックを解除出来るようになりました。

2021年10月からSIMロック原則禁止

SIMロック解除の義務化を経て、2021年10月1日からSIMロックが原則禁止されることになりました。

これからは「SIMロック解除」しなくても、最初からロックが掛かっていないんだね!

これからはSIMロックのことを考えずに、自由に端末を選べるようになります。

周波数に注意!

SIMロックがかかっていなければ、どのスマホ端末でも好きな通信会社と契約することが出来ます。例えばドコモで購入した端末で、通信契約をソフトバンクに乗り換えることも可能です。

ただし、事業者ごとに通信の周波数が異なるので注意が必要です。

私たちの生活ではスマホだけではなく、無線LANやラジオなど色々な場面で電波が使われています。使える電波には限りがあるので、スマホで使える電波は周波数を分けて、各事業者に割り当てられています。

そのため、ある携帯電話会社で購入したスマホ端末を他社の通信契約に乗り換えようとする場合、乗換先の携帯電話会社が提供している周波数帯にスマホ端末が対応していないと電波が繋がりにくくなったり利用できなくなる場合があります。

通信契約を乗り換える場合には、スマホ端末が乗り換え先の携帯電話会社の周波数に対応しているかどうか、確認する必要があります。

通信方式と周波数帯

【総務省】各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯についてによると、周波数は以下のようなっています。

各事業者が使用している通信方式

事業者名 通信方式
NTTドコモ 第3世代 W-CDMA,HSPA等
第3.9世代ー4世代 LTE-A,LTE
第5世代 5G
KDDI/沖縄セルラー(au) 第3世代 CDMA2000,EV-DO等
第3.9世代ー4世代 LTE-A,LTE
第5世代 5G
ソフトバンク
(Yモバイル含む)
第3世代 W-CDMA,HSPA等
第3.9世代ー4世代 LTE-A,LTE
第5世代 5G
楽天モバイル 第3.9-4世代 LTE-A,LTE

各事業者が第5世代で使用している周波数体

事業者/周波数帯 3.7GHz帯 4.5GHz帯 28GHz帯
n77 n78 n79 n257
NTTドコモ
KDD/沖縄セルラー(au)
ソフトバンク
(Yモバイル含む)

各事業者が第3.9-4世代で使用している周波数帯

事業者/周波数帯 700MHz帯 800MHz帯 900MHz帯 1.5GHz帯 1.7GHz帯 2.0GHz帯 3.5GHz帯
バンド28 バンド18/26 バンド19/26 バンド8 バンド11 バンド21 バンド3 バンド1 バンド42
NTTドコモ
KDD/沖縄セルラー(au)
ソフトバンク
(Yモバイル含む)
楽天モバイル

各事業者が第3世代で使用している周波数帯

事業者/周波数帯 800MHz帯 900MHz帯 2.0GHz帯
バンド
クラス0
バンドVI/XIX バンドVIII バンド
クラス6
バンドI
NTTドコモ
KDD/沖縄セルラー(au)
ソフトバンク
(Yモバイル含む)
なんのことやら・・

周波数の確認方法

使いたいスマホ端末がどの周波数に対応しているのかは、購入した端末のスペック表に記載されています。製造メーカーや、購入した事業者のホームページで確認することが出来ます。

SIMカード乗り換えは、周波数の確認を

これまではスマホ端末とSIMカードを同じ事業者から購入するのが一般的だったので、周波数を気にする人は少なかったと思います。

SIMロック原則禁止に伴い「スマホ端末はそのままでSIMカードを乗り換えたい!」という場合には、スマホ端末が対応している周波数を確認するようにしましょう。

iPhoneは、iPhone 6s以降の端末ですべてのキャリアの周波数に対応しています。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える場合

大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)から格安SIMへ通信契約を乗り換える場合にも、スマホ端末の周波数の確認が必要です。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて通信環境を提供しています。それぞれ対応している回線が違うので、手持ちのスマホ端末をそのまま使用したい場合には、周波数が対応しているかどうかを確認しましょう。

当サイトでご紹介している格安SIMが対応している回線は以下の通りです。

格安SIM 回線
IIJmio ドコモ回線
au回線
UQモバイル

(auのサブブランド)
au
Yモバイル

(ソフトバンクのサブブランド)

ソフトバンク
mineo
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
イオンモバイル ドコモ回線
au回線

3大キャリア全て(ドコモ、ソフトバンク、au)の回線に対応している格安SIMは、mineo(マイネオ)です。

500種類以上の端末に対応しているので、3大キャリアからの乗り換えに便利です。

↓公式ホームページはこちら↓

mineo

猫マイネオ
mineo(マイネオ)についてもっと詳しく!フリータンク・マイネ王など独自のサービスが充実格安SIM(格安スマホ)のmineo(マイネオ)の料金・特徴・オンラインストアでの購入方法について、詳しく解説します。...

SIMロック原則禁止でどう変わる?

SIMロックの解除は2015年から出来るようになっていたので、SIMロックが原則禁止になってもあまり今までと変わることはないだろうと私は思います。

SIMロックが禁止されても、スマホ端末が対応する周波数がキャリア毎に異なっています。そのため通信契約を乗り換える時には、その周波数に対応しているスマホ端末が必要です。

「持っているスマホ端末がそのまま使えるかどうか、調べてもよくわからない!」という人も多いと思います。

私も正直、よくわからない

新規でSIMカードを契約するときにはスマホ端末も格安で販売されていることがほとんどなので、スマホ端末も購入してしまうのが手っ取り早いしお得です。

そう考えると、SIMロックが禁止されても今までと何も変わらない気がします。

分かりづらいスマホ業界の回線事情。もっと消費者にとってわかりやすくなると良いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA