大手キャリアの格安プラン

povo(ポヴォ)が基本料金0円プランを発表!1ギガから選べる料金プランに

ネコとpovo
当サイトは、記事内にアフィリエイト広告を掲載しています

auの格安料金プランpovo(ポヴォ)から、基本料金0円/月額の新プランが登場しました!

横並びだった3社に新プラン!

2020年に政府から携帯電話の通信料金値下げを要求された3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が、その対応として発表したのが低価格の料金プランです。

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から登場したのは、ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)という料金プランです。

ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)は20ギガで2,000円代後半の料金プランとなっており、似たり寄ったりの料金設定でした。

いずれもオンラインでの契約のみにすることで価格を下げ、店頭でのサポートには対応していません。(ahamo(アハモ)のみ有料サポート有り)

大手キャリアの格安プラン
ahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)は格安SIMなの?特徴と料金についてahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)は格安SIM(格安スマホ)なのでしょうか?そのサービスと特徴、料金について。...

LINEMO(ラインモ)とpovo(ポヴォ)から新プラン

それが2021年7月、ソフトバンクのLINENO(ラインモ)から3ギガ990円/月額のプランが登場しました!

LINEMO値下げ
LINEMO(ラインモ)から3ギガ990円/月額のプランが登場!ソフトバンクの格安料金プランLINEMO(ラインモ)から、3ギガ990円の新プランが登場しました! ...

そしてLINEMO(ラインモ)に続いて2021年9月、auのpovo(ポヴォ)から基本料金0円/月額のプランが登場しました!

↓povo(ポヴォ)公式ホームページはこちら↓

povo(ポヴォ)

povo(ポヴォ)の新プラン

povo(ポヴォ)の新プランは、基本料金が月額0円。ユーザーが自分で有料トッピングを組み合わせるプランになっています。

ベースプラン

新プランの基本となる、ベースプランです。

月額基本料金 0円
※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

月間データ容量

0ギガ
※トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。

国内通話料

22円/30秒
国内SMS利用料 送信: 3.3円/1通(70文字まで)
受信: 無料

トッピングプラン

ベースプランに組み合わせることが出来る、有料トッピングプランです。

有料トッピング 料金
データ使い放題 330円/24時間
データ1ギガ追加 390円/7日間
データ3ギガ追加 990円/30日間
データ20ギガ追加 2,700円/30日間
データ60ギガ追加 6,490円/90日間
データ150ギガ追加 12,980円/180日間
DAZN使い放題パック/7日間 760円/7日間
smash.使い放題パック/24時間 220円/24時間
5分以内通話かけ放題 550円/月額
通話かけ放題 1,650円/月額

基本料金0円と言っても・・?

povo(ポヴォ)の新プランは基本料金0円を詠っていますが、有料トッピングを購入しなければ180日間で契約解除されてしまいます。さらに、基本プランのギガ容量は0ギガです。

ゼロ円だから・・出来ることもゼロ・・?

Povo(ポヴォ)の基本料金0円で出来ることは、国内通話(22円/30秒)、SMS通信(3.3円/1通)です。

povo(ポヴォ)の新プランは基本料金0円だけでの契約は想定しておらず、有料トッピングを自由に組み合わせて契約するプランになっています。

povo(ポヴォ)の新プランを使ってみた!

「なんだか分かりづらそう・・」と思っていたpovo(ポヴォ)の新プランですが、実際に使ってみるととても便利でした!

0円
povo(ポヴォ)を0円で使ってみた!臨機応変にトッピング出来るから便利!中学生の娘のスマホをpovo(ポヴォ)で契約しました。基本料金0円、好きなときにギガを購入出来るのでとても通信料金が安くなりました...

現在、我が家の娘はpovo(ポヴォ)の新プランで契約しています。使うときだけギガを購入出来るので、とても安くて便利ですよ。

LINEMO(ラインモ)とほぼ同じ、3ギガ990円/30日間

povo(ポヴォ)の新料金プランは、全て月額表示ではありません。

1ギガ追加は390円/7日間、60ギガ追加は6,490円/90日間となっており、「月額いくらになるんだろう?」と計算しないと分からないので面倒です。

分かりづらいな。月額で統一して欲しい!

povo(ポヴォ)の新料金プランをよく見てみると、3ギガ追加で990円/30日間となっています。これはLINEMO(ラインモ)の新プラン3ギガで990円/月額とほぼ同じです。

LINEMO(ラインモ)に続き、povo(ポヴォ)も格安SIMと同水準の料金に

これまでahamo(アハモ)・povo(ポヴォ)・LINEMO(ラインモ)は、安いと言っても格安SIM(格安スマホ)よりは高い料金設定で、20ギガ限定・2,000円代後半のプランになっていました。

大手キャリアと契約している人は20ギガ以上を契約している人が多いのですが、実際に20ギガ以上の容量を使っている人は少なく、多くの人が2ギガ以内しか容量を使っていません。

そこで登場したのがLINEMO(ラインモ)の3ギガ990円/月額の料金プラン、追随したのがpovo(ポヴォ)の3ギガ990円/30日間の料金プランです。

これはIIJmio(アイアイジェイミオ)やmineo(マイネオ)などのMVNO(自社回線を持たない通信会社)と同じくらいの料金設定です。

ユーザーにとって選択肢が増えるのは嬉しいことですね!

今後どうなる?格安SIM(スマホ)

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のブランドから安いプランが登場すると、格安SIM(格安スマホ)の立場がおびやかされそうですね。

現在、ソフトバンクのブランドLINEMO(ラインモ)とauのブランドpovo(ポヴォ)から、格安SIM(格安スマホ)と同水準の新料金プランが発表されています。

今後はドコモのブランドahamo(アハモ)の動向が気になるところです。

※2021年11月追記:ドコモと連携するOCNモバイルONEから、アハモに次ぐ格安プランが登場しました!

ahamoの新プラン
ahamoに次ぐドコモの格安プラン!OCNモバイルONEから550円/月額プランドコモがOCNモバイルONEと連携して0.5ギガ550円の新プランを開始!ahamo(アハモ)に次ぐドコモの格安プランです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA